<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今回は、滞在時期が去年より3週間ほど早いうえに、黄葉が例年より遅いということで、一面の黄色というわけにはいかなかったのですが、それでもあちこちで見ることができました。

b0040245_21321288.jpg
ウエストビレッジ散策中の1枚。

b0040245_21341976.jpg
ブルックリンのラファイエットAv.を駆け抜けるランナーたち。

b0040245_21362449.jpg
ラファイエットAv.と交差するポートランドAv.(多分)の街並み。ワンハンドレッドのななめ向かいぐらいです。落ち着いた感じですね。
by shoeenoki | 2005-11-21 21:41 | New York
NYに通い始めて8年。その間平均年2回のペースで行っています。そして、その間NY以外の海外旅行は、社員旅行で行った台北とバンコクのみ、とひたすらNYに通っています。これぐらい行ってると、以前と変わってしまったところに、よく気が付きます。今日は、今回気付いた変化を見てみましょう。
Before
b0040245_227358.jpg

After
b0040245_2285024.jpg

先ずはプラザホテル。98年にはストレッチリモがずらりと泊まり客を待っていたのに、今はフェンスで囲われてひっそりです。いずれ再生されるでしょうが、さみしいですね。

Before
b0040245_22172786.jpg

After
b0040245_22182730.jpg

リバーカフェから見たロウアーマンハッタンの夜景。無(亡)くなったもの、すぐ分かりますね。

Before
b0040245_22303540.jpg

このGW、ベラスコシアターの前でデンゼル・ワシントンのサインをもらいましたが・・・
After
b0040245_22315741.jpg
今回前を通りかかると、空き家状態でした。7thより東の劇場は、あんまり人気がないみたいですね。

Before
b0040245_22343812.jpg
これは変わってしまったんじゃなくて、撮るシチゥエーションが変わったんですが、クリストファーパークのゲイの像。前回、危ないにーさんたちがたむろしてて、遠巻きに見てたものが・・・
After
b0040245_22375973.jpg
ふつうの雰囲気で、めでたく公園の中に入って撮ることができました。
by shoeenoki | 2005-11-17 22:39 | New York
今回帰りに試そうと思っていたルートでJFKに向かいました。それはNYLY仲間のKさんに教わったもので、Aで、いつものハワードビーチではなく、もう一つの終点レファーツブルバードまで行き、Q10のバスでJFKに向かうというものです。
b0040245_21424781.jpg
ラファイエットアベニューからCに乗り、ユーティカアベニューでAに乗り換えたら、うまいことレファーツブルバード行きに乗れました。周りに観光客らしい人は全くおらず、乗ってるのは労働者もしくは失業者らしい人たちばかり。向かいに座ってたブラックのおじさんは、終点でも降りません。電車の中で時間つぶしてるんでしょうか。終点に着いて地上に下りると写真のような情景で、バス停はすぐわかったのですが、やってくるバスがGreenlineとか書いてあって、マンハッタンで乗るMTAのバスじゃありません。そばのおばちゃんにJFK行きか?メトロカードでいいのか?と聞いてから乗り込みました。住宅街を走ること10数分。意外と早く空港エリアに入ります。ターミナル7に止まるか?とドライバーに確認していたので、ちゃんと教えてくれました。

メトロカードが残ってたら、追加料金なしで帰れるルートですが、かなりNYに慣れた人向けでしょうね。

チェックインもすぐでき、BAのラウンジへ。これがすごいですね。広くて座るところがいっぱいあって、それもすわり心地のいいソファや、トロピカル風のゾーンにはデッキチェアなどもあります。残念ながらフリーの無線LANはないので、りんごをかじりながら、行きに仕入れて読むひまがなかったニューズウィーク日本版を読むうちに時間となりました。

行きと同じ席に着いて、さっそくインターネットに繋いでこのブログの更新など始めたのですが、しばらくすると繋がったり切れたりの不安定な状態になってしまいました。これはワンハンドレッドと全く同じ症状です。CAに告げると、他の客からも同じ症状が報告されているとのこと。やはりサーバーに問題があったようです。


b0040245_21422723.jpg
食事はまた洋食をチョイス。これはフォアグラのテリーヌ、メロン添え。

b0040245_2150590.jpg
これはメインのステーキ。どちらも神戸の一流、とまでは行きませんが、なかなかおいしいものでした。

食後は数時間眠り、またブログの更新などしているうちに、あっという間に成田に到着しました。成田で国内線にチェックインするとき、シティマラソンの主催団体であるNew York Road Runnersから表彰された、野口みずきさんが私の前でセキュリティチェックを受けておられました。バーニーズの袋を肩にかけた小柄な女性で、すぐには気が付きません。NYに行ってたことを知らなかったら、多分気が付かなかったんじゃないかな。
そして、珍しく50数人乗りのボンバルディアという小型ジェットで伊丹へ帰ったのでした。
by shoeenoki | 2005-11-10 22:00 | New York
朝のうち、ワンハンドレッドのそばでマラソンを見物したあと、昼前からマンハッタンに向かいました。

b0040245_1263799.jpg
b0040245_1237773.jpg
これまであまりうろついたことのないマレイヒル地区に行くことにして、先ずは14thでRに乗り換えて23thへ。ここからレキシントンアベニューを南にちょっと歩くとグラマシーパークに突き当たります。あまり大きな公園ではないのですが、よく手入れされていて、周りの歴史を感じさせる建物とよく合っています。そしてここは、鍵がないとはいれないことでも有名で、近所に住んでいる人以外は入れません。ただ近くにある、その名もグラマシーパークホテルというホテルに泊まると鍵を貸してもらえます。一度泊まってみたくなりました。
ぐるっと回ってマディスンスクエアパークまで戻り、最近ユニオンスクエアカフェが開いたというハンバーガースタンドが評判になってる、と聞いたので行ってみると注文する人の列が10人ほど、さらにできるのを待ってる人が20人以上、あきらめて次回に持ち越して、ミュージカルのためにRで49thに向かいました。

演目はスティ-ブン・ソンドハイムのリバイバル、Sweeney Toddです。何を見るか、散々迷ったのですが、音楽がいいというRさんの言葉でこれにきめました。登場人物が10人だけ、しかも脇の8人はすべて楽器を演奏しながら歌い、演技します。オケピットがないのです。ほとんど地のせりふがなくて、音楽に乗ってどんどん話が進み、あっという間の2時間半。終わると同時に、全員総立ちの熱狂でした。

b0040245_13271270.jpg
夕方からは最後のイベント、ストレッチリモ夜景ツアー。NYLY仲間で、マラソンを完走したh氏の打ち上げ企画に乗ったもので、彼とマラソンなかまのHさん、NY在住のMさんの4人で黒塗りのストレッチリムジンに乗車、4時間の夜景観光ツアーです。
b0040245_1336296.jpg
まずはブルックリンブリッジを渡ってリバーカフェ横へ。ここへ夜来るのは1,2回目のNY旅行以来で7年ぶりかな。昔は寂しいところだったのに、完全に観光地化しています。マンハッタンに戻り、ミッドタウンからアッパーウエストに回り、トンネルを通ってニュージャージーはハミルトンパークへと向かいました。
b0040245_13423031.jpg
評判どおりのすばらしい夜景です。川べりのArthur’s Landingというレストランのバーで一杯やろうと入っていくと、h氏の胸のメダルを見たウエイターが、店のおごりだと、彼の分をただにしてくれました。こんなところがいいですね。そしてマンハッタンに戻り、11時頃解散して今回の全ての行動終了です。
by shoeenoki | 2005-11-08 13:47 | New York
第4日その2から、東京行きの機内で書いています。

b0040245_312347.jpg

最終日は、シティマラソン当日です。ワンハンドレッドのすぐ横の通り(ラファイエット・アベニュー)がコースなので、朝食のときから沿道でならす音楽が聞こえてきて落ち着きません。わりとスタート地点に近いので、8時にスタートした車椅子ランナーたちは9時前には通りはじめます。さまざまな車椅子のランナーたちには自転車の、目や足が不自由で、自力で走ったり歩いたりしているランナーには徒歩のボランティアが必ず伴走しています。見ていると思わず声を出して応援してしまいますね。

b0040245_2344797.jpg
あちこちにスポンサー企業のテントが張られ、さまざまな応援グッズが配られるので、さっそく打ち合わせて音を出す風船とキャップをゲット。ワンハンドレッドに持ち帰ってパーラーで写真を撮りました。風船は2重になってて、甲高い音が出ます。お祭り気分を高めてくれます。

b0040245_2503526.jpg
そうこうしているうちに、一般ランナーたちも怒涛のように走ってきます。やっぱり10キロそこそこなので、みんな元気が良くて、切れ目なく続きます。

そろそろ食事が配られるので、続きは後ほど。
by shoeenoki | 2005-11-08 03:05 | New York
b0040245_2234560.jpg今夜のオペラはアイーダです。最初yokoさんと彼女のお父さんの、3人分チケットを取ったんですが、彼女が行けなくなり、代わりに同宿のFさんとお父さんと私という珍道中になりました。
せっかくだから、近所に数年前にできた「ぶるーりぼんすし」で食事してから、ということになりカーサービスを頼んで出かけました。すぐ近くなんですが、英語のおぼつかないドライバーが店のことを知らず、とにかく1本道だからと行くこと数分で店の前に。Blue Ribbontという看板を確かめて店内に入り、メニューを見るのですが、すしのメニューが別にあるのか、どうもそれらしいものが書いてないのです。ウエイターにすしのスペシャルはどれだ?と聞くと、おー、すしは隣の店だ、とBlue Ribbon Sushiに案内してくれました。こちらは和風のつくりで納得。やっぱり自分で調べて来ないといけません。で、Blue Ribbon Spacialという盛り合わせ(ちょうど3人分ぐらい)をたのむと、日本で食べるのと変わらない、といよりもっとうまいにぎりと、アメリカ風のドラゴンロールなどにさしみが数種類、評判どおりのおいしさでした。
満足したところで同じカーサービス(ブルックリンでは、イエローキャブは流していない)で、いざリンカーンセンターへと珍道中は続きます。
オペラハウスには、7時過ぎに到着。初めてのお2人に、いろいろ知ったかぶりの説明などしているうちに開演となりました。
もう何度も見ているMETのアイーダですが、今回は、指揮がジェームス・コンロン、王女アムネリスにイボンヌ・ネフなどの名前があったので、ちょっと期待してきました。始まってみると全て期待どおりとはいかず、コンロンの指揮はオケを鳴らしすぎて、フォルティッシモで歌手の声を消してしまったり、アムネリスの歌い方が、最初ちょっとくせがあって違和感を感じたり。でも、そのうち曲のよさに助けられたか、どんどん良くなってきて、最後は大拍手でした。お二人にも、オペラというのはこんなに面白いものかと喜んでもらえました。
by shoeenoki | 2005-11-08 02:26 | New York
朝食後、今回初めてふらりと一人歩きしてきました。yokoさんが、ユニオンスクエアのグリーンマーケットに買い物に行くから、行くなら便乗させてくれるというのを、何度も行ってるからと断って、行き先をウエストビレッジに決め、Qに乗ってキャナルStでローカルに乗り換えて8thへ。のつもりが、エクスプレスのNに乗ってしまい、結局着いたのがユニオンスクエア。乗せてもらったらよかった。

b0040245_21131478.jpg
せっかくだからちょっとうろついた後、14のバスで7thまで行き、南に向かって歩きはじめました。来る前に、NHKハイビジョンの世界ふれあい街歩きという番組で、ビレッジの細く入り組んだ道を歩き回るところを見て、真似しようと思ってたのです。歩いてみると、ほんとに複雑に入り組んでます。写真は、4thストリートと12thストリートの交差点。ちょっとNYを知ってる人なら、どんなに変か分かりますね?

b0040245_21205016.jpg
そのまま川の方に歩いて、ウエストサイドハイウエーを横切って、ハドソンリバーパークへ。土曜の朝とあって、子連れ、犬連れ、カップル、一人で読書、などさまざまな人たちでにぎわっています。この時点で暖かすぎてセーターも脱いでしまいました。

b0040245_2127692.jpg
しっとりした街並みを楽しみながら、ずんずん歩きます。

その辺のカフェで軽いランチを取ろうかな、などと考えてるうちにワシントンスクエアパークまでやってきたので、ストリートベンダーのホットドッグとコーラで$2.75の遅めのランチ。それからアスタープレイスまで歩き、アラモが完全に撤去されてるのにがっかりしてから100に戻りました。楽しかった。

夕方からのオペラの話は改めて・・。
by shoeenoki | 2005-11-06 21:40 | New York
朝からLANの設定やなにやかやで、殆どなにもせずに夕方のオペラに突入です。
b0040245_23405650.jpg

夕食を、リンカーンセンターの向かい側にある、Shun Lee Cafeという飲茶レストランで取ったんですが、前にふらりと行って満席だと断られたので、日本から予約して行きました。正解でした。食べてるあいだに完全に満席になって、フリの客は断ってるようでした。ここは、チャイナタウンなんかに比べれば、ちょっと高いけど、我々にも食べやすい味付けで、オペラの前にはピッタリです。

b0040245_23374627.jpg
演目は、モーツァルトのCosi Fan Tutte。登場人物が6人だけのアンサンブルオペラの傑作です。今回は、レバインの指揮なので、歌手陣も充実しています。特にソプラノのバルバラ・フリットーリが期待どおりすばらしい出来でした。一緒に聞いた友人はプロのアルト歌手ですが、彼女も絶賛していました。レバインの音楽も軽快なテンポで、相変わらずすばらしいモーツァルトでした。
by shoeenoki | 2005-11-05 23:42 | New York
今朝(4日)は、朝食後yokoさんのご主人とLANの接続を検討。無線をあきらめて、部屋にケーブルを引いてもらったけど繋がらず、あきらめかけたときに、試しに無線をいじると繋がるじゃないですか。ご主人と硬い握手を交わして喜びあいました。さすがにHUGまではしませんが。

そういうわけで、3日の話。
朝食後、有線LANでブログの更新などしたあと、フィラデルフィアから来る友人一家を迎えにペンシルバニアホテルに行きました。多少遅れたものの無事到着、46丁目のホテルに荷物を預けた後5番街を北上、金網で囲われたプラザの前からセントラルパークに入り、ほんの一部を回った後、いよいよ20数年ぶりに開放されたばかりの、ロックフェラーセンターの屋上展望台(The Top of the Rock)に上りました。

b0040245_2338425.jpg
この1日に公開されたばかりなので、まだ何人もみてない景色です。これは自慢できそう。

b0040245_23413133.jpg
北側からは、セントラルパークがこんな風に見えます。

b0040245_23423643.jpg
午後なのでエンパイアは逆光になってしまいます。

いったん、それぞれ宿に戻って休憩&着替えのあと、フィラデルフィアには、うまい和食も中華もないという彼らの注文で、鬼が島ですしとうどんなど食べたあと、だんなと2人でメトロポリタンオペラに向かいました。今日の演目はドニゼッティの「ランメルモールのルチア」。そう有名な歌手ではない(私が知らないだけかも)のに、主役たちの声はすばらしく、狂乱の場以外にも見せ場がいっぱいで、イタリアオペラの楽しさを満喫しました。
でも、帰りの地下鉄のダイヤがでたらめで、ふだんの倍以上かかって、しかもいつもとちがう駅について、最後にまた歩かされました。疲れた。
by shoeenoki | 2005-11-04 23:48 | New York
b0040245_2157536.jpg15分遅れでJFKに着きましたが、今回は、ワンハンドレッドのyokoさんのお父さんと同じ便だったので、お父さんのお迎えに便乗させてもらい、楽々のチェインでした。
部屋に入って、しばらく無線LANと格闘したけど、どうしてもうまく繋がらず、マンハッタンに向かったのは、だいぶ遅くなってました。その後、知人の息子さんが、今語学研修でNYにいるというので、携帯番号だけ教えておいたら、本人から電話があったりなんかで、結局ミッドタウンをうろうろしただけで、ミュージカル1本目”The Color Purple”に突入しました。
おかげで、ソウルフルなナンバーが多く、歌唱力もすごい人たちばかりなのに、聞き取りに集中できず、欲求不満気味でした。作品自体の出来はなかなかのもので、ちょっと早く始まってしまいましたが、来年のトニー賞にもからむんじゃないでしょうか。
by shoeenoki | 2005-11-03 21:58 | New York