<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0040245_23233522.jpg
I stood on the corner where Canal crosses the Bowery・・・という書き出しだけで、NY好きにはこたえられないと思いませんか?写真がその交差点ですね。キャナルとバワリーの交差点といえば、そうマンハッタンブリッジの入り口です。
S.J.Rozanは、NYのダウンタウンに住む、白人の大男でピアノが趣味というビル・スミスと、そのパートナーで、チャイナタウンで生まれ育ち、今も殆ど英語がしゃべれない母親と一緒にそこに住む、リディア・チンという2人の私立探偵が、一作ごとに入れ替わって主役を務めるシリーズを書き続けています。数年前に第2作のピアノソナタを読んでファンになり、翻訳の出ている4冊は、すぐに読んでしまいました。早く次ぎが出ないかと、彼女のHPを覗いてみると、2冊の新作が出ていることが判明、Amazonから"Reflecting the Sky"、"Winter and Night"の2冊を取り寄せて、数ヶ月かけて読んでしまいました。
ところが、それで全部読んだと思ってたのが、最近になってこの2作以前に書かれた"A Bitter Feast"、"Stone Quarry"という2冊を見落としていたことがわかって、またまたAmazonに注文。A Bitter Feastの出だしが、頭の文というわけです。実は、最近翻訳が出たことがわかったのですが、せっかく買ったので、読んでしまおうと思っています。
いいミステリーは、トリックや犯人捜しという本流の面白さも勿論大切ですが、私の場合登場人物の日常生活や、ものの考え方、食べ物の好みなどが、どう描かれてるかのほうに重点があります。その点、このシリーズはとてもよく出来ています。それに、何より冒頭にあげたような、NYの街かどがあちこち出てくるのが楽しみです(Reflecting the Skyだけは、香港が舞台ですが)。文章も会話が多いため、比較的センテンスが短く、原文でもけっこう読み易く書かれています。
といっても、直良和美さんの訳もよくできています。NY好きのみなさんには、先ず翻訳ででも一読をお勧めします。
by shoeenoki | 2005-01-26 23:33 |
15日土曜日の夜、NY好きの間で知らぬものはない巨大サイト、N.Y.Loves Youの、5周年記念オフィシャルオフ会が、神戸で開かれました。関西在住者を中心に、30人のNY好きが集まり、夕方から5時間近くもNYについて熱く語りあい、その熱気は、部外者には理解をはるかに超えるものであったと思います。サイトの管理人JOJOさんも、律儀にも東京から参加されて、盛り上がりに花を添えてくれたのでした。翌16日には、東京でもオフ会が開かれるのにお疲れだったと思います。

b0040245_18523117.jpg
その舞台になったのが、神戸の名店、老舗ジャズ喫茶(言い方が古いな)、MOKUBA’S TAVERN(木馬)でした。

b0040245_18592766.jpg
実は私が幹事だったので、よく行ってるここを会場に選んだのですが、この店は、神戸のいわゆる文化人(これも言い方が古い)たちが、常連として出入りするので有名で、美術、音楽、映画などのアーティストや、ジャーナリストが、誰か彼か顔を出していました。この日も、常連の一人、指揮者の佐渡 裕氏が、私がしゃべってるときにいつのまにかすぐ横のカウンターに座っていて、思わずみんなに紹介したら、サインをもらったり、一緒に写真を撮ったりの大騒ぎになりました。

b0040245_22243191.jpg
この写真の後ろの壁には、たくさんのサインが見えますが、これは数年前に神戸で開かれた、アジア映画祭のときに、監督や俳優たちが集まったのですが、その時残していったものです。アニエス・ヴァルダの名前もありました。そしてここは、NYにはあっても日本の街には数少ない、大人に居心地のいい店でした。
こういう大人の雰囲気を味わってもらいたい、というのもここを会場に選んだ理由のひとつだったのですが、残念なことに阪神大震災10年の昨日17日、クローズしてしまいました。神戸の名物がひとつ減ってしまった感じです。
でも、最後に盛大なパーティーを開くことができ、その様子を店の雰囲気とともに、数十枚の写真に残すことができて、良かったと思います。参加してくれた皆さん、ありがとう!

ややさんの「NYLY5周年記念オフ」にトラックバックさせてもらいました。
by shoeenoki | 2005-01-18 22:20 | New York
b0040245_21491617.jpg

98年11月のタイムズスクエア北側の、おなじみの風景ですね。

b0040245_21494581.jpg

そしてこれは、04年7月の同じ場所です。
サントリーが無くなり、上から下まで全部動く画像になって、明るくなりましたね。それに、周りの広告も増えて、より華やかになってます。このすぐ下にブロードウエイ・ショーのチケットを半額で売る、TKTSがあるのはご存じのとおりですが、このTKTSのあたりがDuffy Squareと呼ばれることをご存じの方は、かなりのNY通と言っていいんじゃないでしょうか。
b0040245_2364024.gif
私は、その名前は知ってたんですが、その由来を知らなかったので、ちょっと調べてみました。TKTSの裏側に銅像がありますが、これがその名前の基になった、Duffy神父の像なんですね。
Duffy神父は、アイルランド系移民の子としてカナダに生まれ、長じてNYで司祭としての生活を始めました。そして米西戦争に従軍牧師として参加したあと、第1次大戦にアイリッシュ系の歩兵師団付き牧師として参戦しました。
その後、ヘルズキッチンにあった、聖十字架教会の主任司祭になり、この教会の教区にタイムズスクエアが含まれていたので、このあたりの人びとに親しまれるようになったのですね。
亡くなったとき、葬儀は5番街のSt.Patrick's Cathedralで行われ、その後従軍していた軍隊の退役兵士達を中心とした寄付で、この銅像が建てられました。そして、このあたりがDuffy Squareと呼ばれるようになったのですね。
by shoeenoki | 2005-01-09 23:47 | New York
みなさん、明けましておめでとうございます。旧年中は、このややマニアックなブログにお越しいただいて、ありがとうございました。今年も、ぼちぼち更新していきますので、お暇なときにどうぞ。

NHKの新しいシルクロードが始まることは、さかんに宣伝してたし、ヨーヨーマが音楽を担当したことぐらいは知ってたのですが、さっきまでそのプロローグと題した番組を見ていました。
番組は、タイムズスクエアで、女性アナと、チェロを背中に担いだヨーヨーマが会うところから始まり、のっけから気に入りました。音楽は、ヨーヨーマが主宰する、シルクロードプロジェクトのメンバーたちで録音されたそうで、後半1時間は、タングルウッドで合宿して構想を練るところから、メンバーたちのコラボレイションで仕上がって行く様子が興味深かったです。ちなみに、このプロジェクトは、2000年から始まっており、NHKからの依頼より前からシルクロードの音楽に興味を持っていたそうです。
この録音に参加したメンバーは、弦楽四重奏に、ハープ、中国琵琶、尺八などが加わり、正に西と東が融合しています。25年前の放送のときは、喜太郎のシンセサイザーによる音楽と、石坂浩二のナレーションが素晴らしかったのですが、今回の音楽もとてもいいと思います。
余談ですが、ヨーヨーマといえば、全チェロ弾きの憧れの存在ですが、私たちはよく、ヨーヨーマは無理だが、マーマーヨぐらいにb0040245_2122253.jpgは弾ける、と言っておりました。

写真は、草原のチェロとも呼ばれる、馬頭琴。
by shoeenoki | 2005-01-02 02:13 | 音楽