<   2004年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 NYのメトロポリタン歌劇場は、ウイーン国立歌劇場、ロンドンのロイヤルオペラハウスなどと並ぶ、世界でも屈指のオペラハウスです。私は度々NYに遊びに行きますが、一番の楽しみはMETでオペラを見ることで、オン・シーズンに行ったときは、必ず2,3本は見てきます。NYLYのBBSなどで、初めてオペラを見ようと思うのだが何がいいか?とか、どの席がいいのか?といった質問がよく出てきます。そこで、今日はそんなお話をしましょう。
 
 今シーズン(2004-2005)の演目を見るとMET Production、New Productionが4本、Repertoryが24本出ています。中には、フランク・アルファノ作シラノ・ド・ベルジュラクなどという、私がその存在自体知らなかったような作品もありますが、最初に見るオペラは、当然名前ぐらいは知っている、有名作品ということになるでしょう。New Productionではモーツァルトの魔笛が、Repertoryからは、同じくモーツァルトのフィガロの結婚、ヴェルディのアイーダ、ロッシーニのセヴィリアの理髪師、ビゼーのカルメン、それにプッチーニのトスカとラ・ボエームの7本がそれに当たると思います。その内訳は、モーツァルトがてオーストリア、ビゼーがフランスで、あとの3人はイタリアですね。
 この7つのオペラなら、どれを見ても分かりやすく、楽しめると思いますが、中でも特に初心者向けなのはどれか?オペラといえば、まず声を張り上げて朗々とアリアを歌う(ベルカント唱法)ものを思い浮かべるのではないでしょうか。モーツァルトの作品は、それとはちょっと違って、もっと軽い感じの曲でできています。この2作は、有名なアリアが目白押しですが、話の展開がわかりにくかったり、冗長だったりするので、私はあまり勧めません。ただ、今シーズンの魔笛は、ライオンキングで名を上げた、ジュリー・テイモアの新演出なので、衣装、装置など面白かったのではないかと思いますが、まだ評判は聞いていません。
 そしてオペラのもう一つの楽しみは、視覚的なものですね。それは、壮大な舞台装置だったり、豪華な衣装だったりしますが、その点、特にMETのアイーダは第一のお勧め作品です。有名な2幕凱旋の場は、メトロポリタン美術館のエジプト部門が引っ越してきたような気にさせるもので、この場面だけで100ドル以上払っても惜しくないと思います。同じ意味で、今シーズンの上演のない椿姫も、3幕の舞踏会の場面など、装置に拍手が起きる口です。椿姫も、有名なアリアが次々出てくるし、話も分かりやすいので初オペラにぴったりです。
 豪華な衣装は出てきませんが、ラ・ボエームは貧乏な二人の切ない恋を描き、ミュージカルRENTの基になったもので、涙なしには見られません。実はまだMETで見たことがないのですが、11月には見られそうです。同じプッチーニのトスカは、主要登場人物が3人だけで、話は非常に分かりやすくて見せ場も多く、時間もやや短いので初オペラ向きですが、3人だけということは、キャストの力量に左右されるので、実力のある歌手が歌ってるときのほうがいいでしょう。その点今シーズンは、マリア・グレギーナのトスカ他実力派を集め、指揮もジェームス・コンロンと充実した内容で、私も見たいです。カルメンについては私があれこれ言う必要もないでしょう。最後のセヴィリアの理髪師ですが、ロッシーニの代表作で、どたばた喜劇です。フィガロの結婚の前の話で、なんでも屋フィガロを始めとする登場人物たちが、活き活きとして非常に面白いオペラです。私のオペラ初体験は、白黒テレビで見た、NHKイタリアオペラのこの作品でした。これを見て、オペラって面白いものなんだ、と思ったのが原体験になってるかもしれません。


b0040245_1257313.jpg写真は、開演前のメトロポリタンオペラ。
by shoeenoki | 2004-10-30 13:27 | 音楽
きのう、大阪難波の松竹座で、平成中村座のNY凱旋公演を見てきました。7月のNYで見たのですが、あまりにも面白かったし、テレビで取り上げたりしてたので、家族が行きたがったのでした。
行こうかと言い出したのが遅く(今月にはいってから)、ピアのサイトで3階左サイドのバルコニーみたいな席で、しかも2席と3席に分かれてやっと5枚取れました。おかげで安くあがりましたが。NYは仮設の小屋で平戸間しかなかったので、同じ舞台を上からながめられてかえって良かったです。
NYとまったく同じ配役でしたが、出だしにアメリカ人が2人出てきて、日本語まじりの英語で狂言回しをしたのと、ラストの例のFreeze!が、シナトラの歌うNew York,New Yorkをバックに、NYの映像の中に主役2人(勘九郎と橋之助)が駆け込んで、セントラルパークやタイムズスクエアで暴れ回るのが、NYにはなかった趣向です。と書いても、もうネタバレ云々の心配しなくていいでしょうね。なんせあと1週間ですから。
幕切れは、NYでも受けに受けてましたが、大阪でもバカ受けで、初めて歌舞伎を見た長女も、また見たいと言っていました。GWに泊まったブルックリンのB&Bのオーナーさん(yokoさん)も、2度見られたそうなんですが、東京から取材旅行でそこに泊まってた歌舞伎専門の記者さんが、「歌舞伎がどれもあんなに面白いと思ったら大ちがいだ」と言われてたそうです。そうそう、彼女は初日の様子を、「あんなにたくさんの着物とルイ・ヴィトンを一度に見たのは、NYに来てから初めて」とおっしゃってました。

写真は、きのうのプログラム(とは言わないか)と、NY開演前の様子(大雨だった)。b0040245_13575135.jpg
b0040245_13581014.jpg
b0040245_13585631.jpg
by shoeenoki | 2004-10-23 14:03 | New York
NYLYの管理人JOJOさんの日記で、Mayflower Hotel On The Parkが閉まってる、という記述を読んで驚きました。ホームページにアクセスすると、JOJOさんも書いてるとおり、"After 77 Years of Hospitality The Mayflower Hotel is now Permanently Closed and thanks you for your patronage."という文字だけでした。
ここは、Park Viewが手頃なレートで楽しめるので、好きだったんです。特に上階からの眺めは、写真のとおりすばらしいものでした。この7月にも泊まったばかり。いつも満室で、なかなか予約が取れなかったので、クローズは意外でした。滞在中に1階のConservatoryというレストランがクローズしちゃったのも、この予兆だったのかもしれません。建物全体に老朽化が目立ちましたが、あれぐらい古いビルもほかにいくらでもあるし、中はリノベートされて、清潔で居心地も良かったから、ほんとうに驚きです。ここがだめということは、BeaconやSalisburyといった古くて経済的なホテルも心配になってきます。ほんとに残念です。

写真は、01年GWに12階から撮ったものと、この7月に5階から撮ったものです。
b0040245_0391025.jpg

b0040245_0401944.jpg
b0040245_0431283.jpg

by shoeenoki | 2004-10-20 00:49 | New York
またまたNHKハイビジョンですが、今

ハイビジョン特集
 「情熱と静寂のオペラ~指揮者・大野和士の挑戦」http://www3.nhk.or.jp/omoban/main1019.html#05

を見ています。43歳でベルギーの名門歌劇場、モネ劇場の音楽監督になった大野和士さんの活躍ぶりが出ています。前半でワーグナーのタンホイザー取り上げているんですが、練習風景やスコア(総譜)をピアノで弾きながらの音楽の説明など、この難解なオペラを、非常にわかりやすくしてくれています。相手によって、ドイツ語、フランス語、英語を駆使してリハーサルを進め、壮大な音楽を作り上げて行く様を見せてくれます。ワーグナーの複雑なスコアを的確に読み取って、それを歌手たちに伝え、一緒に音楽を作り上げて行く様子は、先日のO氏の練習とも共通するところがあります。
実は、来月感謝祭前後にまたNYに行こうと思ってるんですが、その時期METでタンホイザーやるんです。ぜひ見るつもりだったので、いい予習になっています。これはほんとうに楽しみになってきました。


モネ劇場:出典b0040245_2151751.jpghttp://www.horie-nobuo.com/ono/la/LM02.html
by shoeenoki | 2004-10-19 21:06 | 音楽
今までNHKハイビジョンを見ていました。

ハイビジョン特集
 「世界は歌う・世界は踊る」
  - ゴスペル・魂の賛歌~アメリカンスピリッツのルーツ -  
  後8・00~9・50

頭を少し見逃したのですが、力の入った取材で、見ごたえのあるものでした。そのルーツが、黒人奴隷たちの祈りの歌だろう、くらいの認識だったのですが、アフリカの歌をうたうことや、互いに話すことさえ禁じられた奴隷たちが、白人には理解できない言葉を作り出し、労働歌にまぎらせて意思の疎通をはかったのが始まりだとか。それが白人の賛美歌やジャズと融合して洗練されて行き、大スターマヘリア・ジャクソンの出現などあって、現代のゴスペルが出来上がったようです。中でも、最大のへーーーは、かのエルビス・プレスリーが、子供のころ黒人の教会に通ってゴスペルを歌って育ち、ゴスペルのアルバムを何度も出していたということでした。最後は、薬物やアルコール中毒者のレスキュー施設で、収容者のグループが一生懸命練習したゴスペルを、入所者たちの前で披露し、大喝采で終わりました。

バプティスト教会の礼拝の様子も映され、GWにハーレムの教会で参加した礼拝の様子と重ね合わせて見ていました。黒人信者たちの幸せそうな様子や、その後行ったレストランで楽しそうに食事をしている教会帰りの一家、などなど。

写真は、モーニングサイドハイツから見た、ハーレムの街並み。
b0040245_23324339.jpg

by shoeenoki | 2004-10-14 23:32 | 音楽
AppleからiPodというHDタイプのポータブル・オーディオ・プレイヤーが出ていて、よく売れているらしい、とおぼろげには知っていたのですが、Appleの製品というだけであまり縁のないものみたいに、つい最近まで思っていました。ところがある日、下の娘が、あれいいんじゃない?と言いだしたので色々調べてみると、デジカメのストレージとか、PCの外付けHDとかにも使えるというし、これは面白そうだというので、娘と私の分2台、20GBの白いやつをネットで注文。届いたのが8月10日頃でした。

試しにいれたバッハの曲を聴いてみると、どうせ音は期待できないだろう、という予想がみごとに裏切られ、非常に迫力のあるいい音だったのです。これは単にオーディオ機器としても、十分聴くに堪えるということで、それから毎日のように手持ちのCDを詰め込んでいきました。いや、はまりましたねえ。CDは買ったときに何回か聴いたあと、うちの棚や車のトランクに放置されているものが多いのですが、これ買ったおかげで、それら死蔵状態のCDたちが生き返りました。バッハのカンタータ全曲(15分から20分の曲が約200曲あります)を手始めに、ベートーベンの交響曲全曲、モーツアルトのピアノ協奏曲全曲、その他クラシック関係が200枚位。ジャズ・ミュージカルが50枚位は入っていると思います。それでも、まだ容量は十分に残っているので、もっと入れるものがないか家中さがしまわったりしています。

車の中では、iTripというFMトランスミッターを付けて、スピーカーで聴いていますが、乗る度にどこを聴こうか迷うくらいで、車に乗るのが、より楽しくなりました。b0040245_21405958.jpg
by shoeenoki | 2004-10-12 21:42 | 音楽
昨日は、わたしが代表を務めるアンサンブルの練習日でした。バッハの教会音楽(教会カンタータ)を、オーケストラとコーラスが一緒にやっている団体(あくまで演奏団体で、宗教団体ではありません)なんですが、昨日の練習は久しぶりに興奮しました。

来月20日に本番を控えて、本来の指揮者の都合がなかなか付かず、代わりの指導者を探していたのですが、あるきっかけでバッハ・コレギウム・ジャパンの鈴木雅明さんの直弟子である若手オルガニストのO氏が、昼間神戸で仕事があり、夕方からあくので見てあげよう、ということになったものです。

その指導がすばらしいものでした。バッハのカンタータは、ルターの宗教改革の結果、それまでラテン語で行われていた礼拝が、ドイツ語で(つまりドイツ人なら誰でも理解できる言葉で)行われるようになり、その日の説教の内容に合わせた歌詞で歌われたものでした。そのため、ドイツ語の発音・発声が非常に重要になります。昨日の練習は、先ずみんなに思い切り歌わせたあと、その発音を直すところから入り、そのあとだんだんに内容に踏み込んで行くのですが、その間歌い直す度に、言葉がちゃんと聞こえるようになった、すばらしい!とほめてみんなを乗せて行き、あっという間に見違えるような響きが出せるようになったのです。その指示や指摘も具体的で分かりやすく、わざとらしくない、たくみなユーモアを交えて、あっという間の3時間でした。その後、O氏を交えての飲み会で、ビールがことのほかうまかったのは、言うまでもありません。

b0040245_15514821.jpg

写真は、ライプチッヒのトーマス教会の中にある、バッハのお墓です。
出典:http://www.bach-cantatas.com/Tour/Leipzig-Photos-ST.htm
by shoeenoki | 2004-10-10 15:55 | 音楽
初めてのNY旅行は、97年9月ひょんなことから行くことになりました。一番下の娘が、夏休みにボストンへ語学研修に行くことになり、帰りにNYに寄って来たいと言い出したのです。当時NWに勤めていた友人に、チケットの手配を頼むと、彼が「娘一人でNYは危ないで。お前が迎えに行って、一緒に遊んで来たらどうや?」というのです。それまで、一週間も会社を留守にするなど、考えたこともなかったのですが、彼の言葉ににわかに心が動きました。真ん中の娘が音大生だったので、彼女にオペラを見せてやるのもいいか、というのも口実にして、関空から二人で行き、デトロイトで落ち合って、3人で6日間NYを楽しもうということになったのです。

しかし初めてのアメリカで、よくこんな計画を立てたものですね。まだ携帯もないし、英語もどれくらい通じるかわからないのに、どちらかの飛行機がキャンセルにでもなれば、どうしたんでしょうね。それだけに、デトロイトで、ボストンからの飛行機から三女が無事姿を現したときは、ほんとにほっとしました。

b0040245_1232381.jpg
b0040245_12355260.jpg

このときは、まだデジカメを持ってなかったので、写真はその翌年、2度目の旅行で
泊まったエセックスハウスをセントラルパークから撮ったものです。
by shoeenoki | 2004-10-09 12:42 | New York
b0040245_1943070.jpgいよいよブログを始めてしまった。ただでさえPCの前に座る時間が長いのに、この上どうなるんだろうか。

97年の9月に、初めて行ったニューヨーク。オペラにミュージカルに美術館etc、はまりましたねえ。以来毎年1,2回はかかさず(9.11の年にも、GWと11月の2回)、今年もGWと7月に行ったのに、もう11月に行こうかと考え始めています。写真は、98年11月、2度目に行ったときに、今は亡きWTCの屋上から北側を撮ったもの。真ん中にエンパイア・ステート・ビルが小さく写っています。

これから折りにふれ、NYのこと、大好きな音楽のことなど写真と共にUPしてみたいと思います。
by shoeenoki | 2004-10-08 19:04 | New York