NY第1日

いつも出発前には、なにやかやとどたばたするのですが、今回もやってしまいました。留守中の世話に来てくれていた下の娘に三宮まで送らせることになったのですが、細かいことはまたおいおい。
空港バスに乗ってからは、Cクラスということもあってスムーズにことが運び、なんでこんなにエコノミーと差があるんだ?というくらい快適に12時間半を過ごしました。
b0040245_14464734.jpg
b0040245_14472617.jpg

写真はディナーのステーキと朝粥の朝食です。

大したディレイもなくJFKに着きましたが、ここでまたまたどたばた。例によって地下鉄Aラインに乗ろうと、エアトレインに乗ったのですが、携帯のネットワーク接続に気を取られているうちに、ジャマイカまで行ってしまいました。そのままLIRRで行くことも考えたのですが、引き返して手前の駅でハワードビーチ行きに乗り換え、また電話に気を取られて、一つ手前の駐車場駅で降りてしまい、また次の電車でやっとハワードビーチにたどり着いたのでした。

やっとのことでブルックリンのワンハンドレッドに到着するなり、ほぼ1年ぶりのオーナーyokoさんとしゃべり倒してしまい、結局そのあと夕方まで部屋で過ごして、6時前にリンカーンセンターに向かいました。
b0040245_1515985.jpg
今日のオペラは、ベンジャミン・ブリテンの代表作ピーター・グライムズです。現代音楽のオペラはほとんど見たことがなく、このオペラについての予備知識も殆どなくて、英語の字幕だけが頼りでした。英語歌ってるのに字幕が出て助かりました。オペラの発声では、英語も聞き取りにくいということかも知れません。全体にある程度調性を感じさせる音楽で、けっこうきれいなメロディーも出てくるんですが、取りとめのない感じが強く、私ぐらいのオペラ体験ではちょっと眠くなってしまうものでした。NYフィルがマズアの指揮でマタイ受難曲を今日からやってるんですが、これも空恐ろしくもありますが、退屈しなかったんじゃないかと思いました。
by shoeenoki | 2008-03-21 15:13 | New York