インターネットラジオ その3 ポッドキャスト

インターネットラジオの続きですが、BBCの話しの前に、最近日本のメディアでも話題に上ることが多くなった、ポッドキャストについてちょっと。

b0040245_1193227.gifポッドキャスト(Podcast)という言葉は聞いたことがありますか?iPodのPodと、Broadcastのcastの合成語(だと勝手に理解していますが、たぶん 間違いないと思います)ですね。前に書いたように、インターネットラジオを録音するのには、ちょっとした知識が必要だし、なにより放送している時に、オンタイムで録音しなければならず、時差のある外国の放送を録音するのは大変です。しかし、iPodderというポッドキャスト用のソフトを使えば、自動的に聞きたい番組を自分のPCに取り込むことができ、さらにそれをiPodなどのMP3プレイヤーに録音できてしまいます。
さらに、つい最近iPod用の管理ソフト、iTunesがバージョンアップされて、iPodderを使わなくても、iTunesに直接番組を取り込むことができるようになりました。
この新しいiTunesが使ってみるとすぐれもので、現在聴取できるポッドキャストがたくさんリストアップされていて、面白そうなものを簡単な操作で取り込むことができます。iPoddaerからもいろいろと取り込めたのですが、iPodderのリストは素人の雑談のような番組が多く、もうひとつだったのですが、こちらのほうはなかなか充実したものが多くあります。
なかで面白いものを2,3ご紹介します。まず、NYの公共放送WNYCの二人の看板キャスター、Brian LehrerとLeonard Lopateの番組から、ゲストとのトーク部分を2,30分放送(と言っていいのかな)しています。前者は社会問題を主に取り上げ、ここ数日はロンドンのテロについての話しです。後者は文化的な話しが多く、話題の(といっても殆ど知らないものですが)本の著者が出てきたりします。
それから、これは1回限りで、更新はないと思いますが、"San Fransisco Opera 2005-06 Season Preview"というのを見つけました。サンフランシスコ・オペラの来シーズンの演目を紹介しているんですが、それぞれ一曲づつアリアを聞かせてくれます。英語と音楽両方が楽しめます。他にも、ABCニュースの"Showbiz Report"が、1分ちょっとの中で有名人の話題がバンバン出てきて楽しめます。

こう書いてくると、毎日すごい量の英語を聞いてるみたいですが、一番の問題は、じっくり聞く時間がないことで、更新しただけで全く聞いてないのもたくさんあります。というか、ほんの一部しか聞いてません。それは音楽も同じで、最近は聞くより録るほうが多くて、どんどん溜まってしまいます。ブログの更新もなかなかできないし、ああ、時間がほしい!

この記事はNYLY仲間のOshiさんにトラックバックします。
by shoeenoki | 2005-07-16 01:21 | 音楽