第6日

カサブランカホテルは、43thを7thから東にはいってすぐという、非常に便利なところにある50室ぐらいの小さなホテルですが、中は静かで、別世界のようです。そして無料の朝食がとても充実しています。ベーグル、クロワッサン、ペイストリーが各種、ジュース、コーヒーも数種、エスプレッソマシンもあります。ほかにもシリアル、フルーツ、ヨーグルト等等。朝だけでなく、夕方5時から7時には、ワインとチーズその他の軽食が無料で出ます。2階のラウンジの居心地もいいし、ゆっくり滞在したいところです。
b0040245_22285311.jpg

b0040245_22294199.jpg
天気がいいうちに、きのう行きそびれたMETのルーフガーデンへ。なんかこの辺ばっかり行ってるな。久しぶりで、エレベーターをさがして、ちょっとうろうろしたあと屋上に出てみると、ほんとにいい天気で、風もなく気持ちいいことこの上なし!今年の展示は、Sol LeWittという人の作品で、原色が青空に映えてなんとも言えません。ひとしきり写真を撮ったあとは、iPodを取り出して、何曲か試したあと、バッハのゴールドベルグ変奏曲をチョイス。30分ほど至福の時間を過ごしました。

ショップでバーゲン品2点を購入後、そのままグランドアーミープラザまで行って、パンツをはいた象の像を見てきました。そのあと復活したF.A.O Swartzへ。1階の時計塔はなくなりましたが、品数も増えて昔に近い感じに戻っていました。おもちゃ屋はこうでないとね。
鬼が島でカレーうどんを食べたあと、いったんホテルに荷物を置きに帰り、すぐにAラインで西4丁目まで行き、ヴィレッジのペットショップ、Fetchに行って、MOMOのためにおそろいのカラーとリードを買い、ちょっと界隈をうろついたあと、ホテルに戻りました。いよいよジュリアス・シーザーです。ベラスコシアターは44th、43thにあるホテルのすぐ裏側なので、徒歩1,2分。このホテルは、ブロードウエイショウを見るには最高の立地です。 b0040245_22493690.jpg
ストレートプレイを見るのは初めてですが、小さ目の劇場とはいえ、マイクなしの肉声には驚きました。そして、デンゼル・ワシントンの声がよく通って、ただの映画スターではなく、ちゃんとしたアクターであることを知らされました。立ち居振る舞いも堂々として、その存在感は圧倒的でした。心配していたヒアリングは、予習のCDで聞き取れたところは聞き取れるし、そうでないところは、やっぱり聞こえません。問題は、聞き取れる部分がとても少ないことです。シェイクスピアにアドリブは考えられないから、もっとテキストを読み込んでくればよかったと思いました。終わったあとは、これも初体験の出待ちの列に並び、プレイビルにサインと、並んだ写真を撮ってもらいました。日本ではこんなこと考えられないけど、NYだと恥ずかしくもないのです。

その後は、この日に着いた人などと4人で軽く食事、これからの人をうらやましがって、全ての行動を終えました。
by shoeenoki | 2005-05-06 22:54 | New York